毎年恒例のレビュー。

Posted by on Sep 19, 2015 in Journal | No Comments

これで5回目。ってことはIEに来て6年目って事。
いやはや時間が経つのは早いもので。

ってなわけで、毎年恒例(毎年なぜか遅れてる)の自分の1年間の仕事振りを振り返るレビューがありました。
毎年色々変わってて、今年はなんか通信簿みたいなやつ。。
学生の時より結果が良いってことは、どれだけ学校の勉強が自分に合っていなかったのかが改めて分かる。

まあ具体的な内容はともあれ、このレビューで毎年大切にしている事があります。

それはレビューで「もっと自信を持て」と言われること。

面白いのは、僕は実は結構な自信家で自分に出来ない事はあんまり無いって考えるタイプ。でも、そーいう性格の悪いタイプの人間は下手すると嫌われて、色んな事が上手くいかなくなる可能性が高くなる。そこで、僕はいつも自分に自信が無いふりをして、ある程度の好感度を上げる努力をしてるって事。
ってなわけで、会社側に「お前はもう少し自分に自信を持ってやれ!」と言われることは凄く重要な事で、自分の嘘が確実に利いてるという良い確認材料!

あと言われたのは、アーティストからは「チームを守ってくれる存在」と言われるが、プロダクションからは「アンダープロミスし過ぎ」(出来るのにやらない的な)と。。。これは難しい。。自分のチームが快適に作業出来るように、無駄なフィードバックとか提案は会議内で切り捨てるのが僕のやり方。どちらかというと上に嫌われて下に好かれる方針。だからプロダクションの人からは「出来るならやれよ」と言われる。
これは確かに大切な事で、良いスーパーバイザーは自分のチームが出来る99%のところまでを先に予測する事が可能。僕は大体10やれと言われれば、8は出来ると言って11を結果として出すのが多い。これじゃあプロダクションも計画を立てにくいって事。

9回裏ツーアウト満塁サヨナラのチャンスで初球を振らないで、じっくり行くのが僕の良いところでもあって悪いところでもある。
時には自分を信じて初球をフルスイング事も重要だということか!!

ほな次の1年も頑張りやす!!

お、カナダは5年間同じ会社に勤めると有給が1週間増えるそうです。
ってなわけで、今期から3週間の有給!!イエーイ!

yuta

Leave a Reply