共通の敵

Posted by on Mar 21, 2016 in Business | No Comments

またまた更新に時間がかかっていますが。。。前よりは少しマシですね(笑)。 今日は少し視点を変えて、マネージメントの話。 ここ数年スーパーバイザーとして色々なプロジェクトをやってきて、 また職種限らずグループのリーダーシップをとっている人達と触れ合ってきて思うのは、 グループリーダーの一番の苦労は人間関係だという事。 自分の技量や仕事内容、ストレス等色々な要員でパフォーマンスを上げられない理由はありますが、 人間関係というのは一番厄介なもので、パイプラインの様に理論的に動かない。 これで心労する人は僕自身たくさん見て来ているし、自分でも経験していること。 ただ、これを当たり前だからと思ってしまうのはどうしてもクリエイティブじゃないし、面白くない。 僕は個人的には明るい方で、人当たりが良いからその辺では結構得をするタイプで、人には感謝感謝なのですが、 その分うまく制御出来ない人間には苛立ちを覚える方。 恐らく「自分は一人オオカミだ」という人は、別にこーいう事を深く考えなくても、 自分の思う事を口にして、それに従わない人間を切るので逆に上手く行く可能性もある。 まあさすがにいまさら性格を変える事も出来ないので、やはり自分の出来る限りの戦略を探す。 そこで最近結構有効だと感じている事は自分が「共通の敵」になる事。 サッカーのワールドカップなんかを見ると、普段は敵同士でファンもお互いを嫌い合っているにも関わらず、 世界大会となると全員が友達になって他国が敵となる。 映画でもロシアとアメリカが宇宙人に対抗するってのがあるからこの「共通の敵」っていうのは、まあ古くから証明されているもの。 ってなわけで、人に仕事をしてもらいたい時に、一番良いのは「これやっといて!」って言ってやってもらえる事。 でも、人生そう上手くは行きまへんってのが普通やから、そこで考えて自分が誰かの共通の敵になる事で、 向こうから意思決定をしてもらうというテクニックがあるという事。 例えばAさんとBさんが討論をしていて、自分は実はどっちにも賛成では無く、自分の意見があったとする。 ここで今までなら、AさんかBさんの意見の中で自分の意見に近い人を選んでそっちに付いて丸く納めるというのが戦略だった。 けど、これだと例えば自分がスーパーバイザーとしてAさんに付くと、Bさんの意欲が失われる可能性が出てくるので、 出来れば避けて、自分達で納得のいく意見を持って欲しいところ。 そこで、あえてAさんとBさんのどちらもが嫌うような意見を言って「俺がスーパーバイザーだからこれをやる!」と言い張ってみる。 面白いのは、これを聞いたAさんとBさんはさっきまで戦っていたクセに、いきなり僕の意見に攻撃し始める。 こうなれば僕の仕事は完了。結果、討論していたAさんとBさんは僕という「共通の敵」を持つ事で、僕のとんでもない意見を 聞き受けないために、お互いに納得のいく意見を出してくる。 難しいのは、これを続ける事で自分が本当の敵になってしまい、出来ないやつと思われる可能性が有るという事。 でも思うのは、スーパーバイザーって空気のような存在でなければプロジェクトは成功しないのではないかということ。 存在が気にならないけど、実はみんな必要としている的な。。 こないだイチローとトヨタの社長さんの対談を見てたら、トヨタの社長が全く同じ事を言ってたので驚き。 やっぱりトップが目立つチームは良くないと言う事。 トップが人の気がつかないところで活躍して、みんな文句言っているけど、でも考えてみれば実はチームにとって重要な要素だった っていう感じが一番しっくりくる。 良く見る失敗例は、自分がスーパーバイザーだから自分で全てを決めないといけないと考える人。 自分が常に最高の案を持っているなんてのは不可能な事で、他人(それが入ってきた新人でも)の意見を昇格させる事が 実は成功の近道だったりする。 そーいう事を気持ちよくチームとして進めて行く為にも「共通の敵」っていうのは、 なかなかのツールであるって話。 なんか長くなった。。。 これを短い文章で分かりやすく表現出来るまでは、まだまだ自分にも身に付いていないってこと。 日々精進です! yuta

VES2016ノミネート

Posted by on Feb 13, 2016 in Journal | No Comments

うわーー、5ヶ月も更新してない。。。 更新していない間に1歳年をとった自分です。 いやしかしこの5ヶ月色々な事が有り過ぎて何を書いて良いのかわかりません。 ので、一番最近の事から! 今年はCGをやってきて初めて何かにノミネートされました。 最初、友達から「お!VESノミネートおめでとう!」とメールをもらって、そこで「なにそれ?」と気がついて、 その数時間後に会社から「2月2日はVESの為にLAへ行く必要があるから空けておけと」。。 このクソ忙しいのになんやと思い調べてみると、このVESって意外に大きな団体らしく、 その後もドシドシと業界関係者から「おめでとう」の言葉が届きました。 まあさすがにこうされて浮かれない訳にもいかないので、早速何十年振りにスーツを購入。 そして当日会場へ!結構見た感じもオスカーみたいでテンションが上がったのですが、 始まってみるとがっかり。しょぼい!! 何がしょぼいって、もうプレゼンターのやる気がゼロ!!(メインの司会は結構面白かったですが) 見るからになんで俺がこんなCGオタクの中で話さなアカンねん!という雰囲気。。 さすがに、有名な映画監督とかその他数名名前を聞いた事がある人はいましたが、 でもなんか改めてVFXの知名度の低さと、一般市民は誰も気にしないという事を認識しました。 僕達は賞を取る事は出来なかったのですが、賞を取った人達もなんかこう別にどうでも良い感が漂っていました。 ただこのセレモニーで思ったのは、こうやってチームでどこかへ行って一夜を過ごす事なんて無いって事です。 何年も一緒に仕事をしてきてる奴もいましたが、改めて家族無しで飲み明かせるっていうのは新鮮でした。 こーいう時にしか話せない事やただ笑い飛ばせる事なんかがあったのは大変感謝です! (ただこいつら、次の日は二日酔いで空港でも吐いてましたが。。) 日本で仕事をすると(想像ですが)、一緒に飲みに行ったり、そーいう機会が多いような気がするのですが、 こっちは家族重視の社会なので、家族を持っている人間が6時以降会社に残るとか飲みに行くという感覚は薄いです。 そーいった反面、もちろんチームメイトとしては仲が良くても、中々ただ話すという時間は皆忙しいので数分が最高で、 こうやって長い時間を一緒に過ごすというのは今後の為になる物になったと思います! オトンが昔よく、会社の慰安旅行へ行ってましたが、子供の頃はそーいうのってウザいやろうなぁと想像していましたが、 会社にとっては良い事なのかもしれませんね。って昔の人間みたいな発言ですが。。 まあそんなこんなで次はノミネートされてもVESは行く必要は無いかと思いました(笑)。 おわり

毎年恒例のレビュー。

Posted by on Sep 19, 2015 in Journal | No Comments

これで5回目。ってことはIEに来て6年目って事。 いやはや時間が経つのは早いもので。 ってなわけで、毎年恒例(毎年なぜか遅れてる)の自分の1年間の仕事振りを振り返るレビューがありました。 毎年色々変わってて、今年はなんか通信簿みたいなやつ。。 学生の時より結果が良いってことは、どれだけ学校の勉強が自分に合っていなかったのかが改めて分かる。 まあ具体的な内容はともあれ、このレビューで毎年大切にしている事があります。 それはレビューで「もっと自信を持て」と言われること。 面白いのは、僕は実は結構な自信家で自分に出来ない事はあんまり無いって考えるタイプ。でも、そーいう性格の悪いタイプの人間は下手すると嫌われて、色んな事が上手くいかなくなる可能性が高くなる。そこで、僕はいつも自分に自信が無いふりをして、ある程度の好感度を上げる努力をしてるって事。 ってなわけで、会社側に「お前はもう少し自分に自信を持ってやれ!」と言われることは凄く重要な事で、自分の嘘が確実に利いてるという良い確認材料! あと言われたのは、アーティストからは「チームを守ってくれる存在」と言われるが、プロダクションからは「アンダープロミスし過ぎ」(出来るのにやらない的な)と。。。これは難しい。。自分のチームが快適に作業出来るように、無駄なフィードバックとか提案は会議内で切り捨てるのが僕のやり方。どちらかというと上に嫌われて下に好かれる方針。だからプロダクションの人からは「出来るならやれよ」と言われる。 これは確かに大切な事で、良いスーパーバイザーは自分のチームが出来る99%のところまでを先に予測する事が可能。僕は大体10やれと言われれば、8は出来ると言って11を結果として出すのが多い。これじゃあプロダクションも計画を立てにくいって事。 9回裏ツーアウト満塁サヨナラのチャンスで初球を振らないで、じっくり行くのが僕の良いところでもあって悪いところでもある。 時には自分を信じて初球をフルスイング事も重要だということか!! ほな次の1年も頑張りやす!! お、カナダは5年間同じ会社に勤めると有給が1週間増えるそうです。 ってなわけで、今期から3週間の有給!!イエーイ! yuta

でたでた。

Posted by on Sep 5, 2015 in Journal | No Comments

うわー。。。これまさかYouTubeに載るとは思ってなかった。。 ってかこれ、インタビューがあるとは聞かされてたけど、ウェブに載るって聞いてたからてっきり書面のインタビューやと。。 しかも質問内容も全く聞かされてなくて、現場に行って1分で「はい。ここ立って。スタート」みたいな。。 しゃべってる内容がしょーもな過ぎて惨敗。 もっと日頃からかっこいい事言えるように練習しとこ。。。 反省。 y

このビジネス。

Posted by on Sep 5, 2015 in Business | No Comments

最近よくこのVFXのビジネスについて良く考えます。 まあ僕の場合ほとんどIE(Image Engine)しか経験が無いので何ともVFXビジネスとは言い難いんですけど(苦笑)。 こないだIEのCFOとちょいと話し合ってきました。 っていうのも、僕はアートというよりはビジネスの人間なので会社が儲かって無い事が許せない! 良い物は作ってるかもしれないけど、利益の無い会社なんて存在する意味が無いですから。 そこで、ファイナンスのトップはどー思っているのか聞いてやろうと。。 まあ色々言えない事まで教えてもらったんですけど、最終的に思ったのはこれ。 「お金の人/戦略の人/ブランドの人/スーパーバイザーの人/従業員が、全く同じベクトルをシェアしていない!!」 これじゃー金儲けはデケヘンはと。。 例えばCFOが言っていた「このビジネスに対しての戦略の組み方」、「予算の立て方」なんかはスーパーバイザーにシェアされていない。 更に一つのプロジェクトを例になんで儲けが少なかったのかを説明してくれたんですけど、その理由が例えば僕の目線とは全然違う。 言ってしまえば、ファイナンスとか戦略を立ててる人は現場で起こってる事を把握していないって事。 これじゃあ悪い事が繰り返される訳だ。 まあアートを取り扱っているので一概に売り上げだけ気にして作業しろって言ってもそれは無理。 でも思うのは、少なくともスーパーバイザー達は自分がフィードバックを出す度にいくらの資金を使用しているのかは把握しておく必要があるって事。 ってなわけで、自分も次のプロジェクトからは自分の部署が利益を生んでいるのかどうか、そして良い物を作りつつ更に売り上げを伸ばす事が出来るのかって事に注意して、毎週CFOのおっちゃんに数字出してもらおうかと! y

憧れてたCGスーパーバイザー

Posted by on Aug 30, 2015 in Journal | No Comments

昔CGを始めた頃はスーパーバイザーって名前に憧れて、なんかかっこ良いという気持ちを抱いていました。 でも実際にライティングスーパーバイザーになってみて思うのは、あの憧れていた感覚とは全然違うと言う事。 そんな最中、こないだイメージエンジンでCGスーパーバイザーになって欲しいと。。 聞いた瞬間はもちろん「お!嬉しい評価!」でも5秒考えて「嫌です。。」と。。。。 っていうのも、スーパーバイザーって出来る人がなるものだと思っていたけど、別に出来ない人もいっぱいいる。 ただ、テクニカルなだけの人とか、ただコミュニケーションがうまいだけとか。 まあそれでも凄いっちゃ凄いけど、やっぱこう自分は自分の仕事っぷりで「すげー」って感じさせて欲しい。 問題なのは、仕事っぷりって言ってもCGスーパーバイザーの仕事内容って実務というよりは総括なので、 実力を示すもなにも、自分で作業する事なんて無いって話。 まあ、そーいう事ならお断りってことですね。 でもそうなると自分の将来を考える。 CGスーパーバイザーになりたくないって自分がいるって事は、その上にあるVFXスーパーバイザーになる気もない(まあなれるかは別として)ってこと。 ってことはライティングスーパーバイザーの今が自分の人生絶頂期??う〜ん。それはおもんない! 最近思うのは、ここらで昔やってたFXに戻ってまたスーパーバイザーになるまで頑張るか、ジェネラリストに戻って職人としてCG制作全ての技術を高めるか、また業種を変えてプロデューサー業の方に進んでいくかと色々。 この業界に長くいる人達は自分の将来についてどう考えているんですかね〜と考え込む今日この頃です。 Yuta

ジェネラリストとスペシャリストってどーなんしょ

Posted by on Aug 30, 2015 in Journal | No Comments

これはもうCGを始めた頃から考えてる事なんですけど、このジェネラリストとスペシャリストってどーなんでしょうね。 ジェネラリストの方が何でも出来る分優れているのか、じっくり掘り下げてるスペシャリストの方が凄いのか。。 僕はコマーシャルの制作で育った人間なので、どちらかと言うとジェネラリストひいき。 自分もイメージエンジン入ってからもLightingはもちろんLookdevに加えて、techAnimとFXも担当した事があるからジェネラリストって威張りたいけど、実際に既存のマヤだけで全てやれって改めて言われると、ドキドキとワクワクが混ざって不安になる。 あのドイツでコマーシャル単位でモデリングからコンプまで何の問題も無くやってた頃が少し羨ましい今日この頃です。 しかしスペシャリストってまあ出来る人もおるけど、こう凄いな〜って人間にあんまり出会った事が無い。 FXとかパイプライン系の人やと「賢いな〜」とか「凄い出来るな〜」と思う人はいるけど、ライティングとかシェーディングでそんなにビックリする人はいないっていうか、元々が簡単な部署やからか出来て当たり前って感覚の方が強い。 最近日本でもチャッピーの出来が話題になったりしてるけど、あのロボットを逆にリアルに見せられない方がビックリする。 もうこれだけフィジカルベースでシェーディング出来るようになった時代にロボットをリアルに出来ないようでどーするって話です。 でもあのアニメーションとBG消しはマジで凄いと思う!!ってかチャッピーで一番凄いのは本当にBG消しをした人達だと思う。 なんたって、毎日残業でメチャクチャ働いてましたから。。彼等はスペシャルですよね〜。 ジュラシックの時も恐竜のルックデブなんて2−3日しかかけてませんからね。。 でも「しゃべってる俳優のコメントを消したいから話さないようにしてくれ」って要望に対して3D無しでそれをペイントする奴らはホンマに尊敬! やし、やっぱスペシャリストが凄い部分もあればジェネラリストの方が凄い部分もあるってことか〜。 おもろい!

ロジカルVSそーじゃないこと。

Posted by on Aug 15, 2015 in Journal | No Comments

こないだ日本に帰っていた時にワコールで働いてる友達と話していて言われた事。 「お前の仕事はロジカルで進むやろ?営業なんてロジカル全く関係無いしお前やったら2日で辞めるで!」 これ、大正解! この業界長くいるとわかってくるのは(部署によるけど)、天才的な人間以外で出来の良い人間は「VFXの仕事の90%をロジカルに進める事が出来る人」が多い。残りの10%がクリエイティブな部分でそこに時間をかける。逆に出来の悪い人間は「VFXの仕事の90%をクリエイティブだと思い込んでいる人」。これはアホ。最初の90%をどれだけ理論的に数学的に進めて最後の10%で苦労する方が遥かに高いクオリティーのものが出来るのに、最初から90%をアートだと言い切って苦労しまくった結果大したものが作れない人が多い。 ちなみに僕がライティングをする時はほぼ自分の目なんて信用していなくて、全て数値を比べて評価する。 それが一環して出来れば最後のタッチに時間をかけて良いものが作れる。段階を踏まないで結果にジャンプすると失敗が増えます。 それでも失敗の毎日なのでこれ以上に失敗する可能性を増やすと僕は落ちこぼれます。 yuta

隠密CG部隊!

Posted by on Aug 15, 2015 in Journal | No Comments

最近、イメージエンジンからトップの人達が離れていきます。。 って全てはこの隠密CG部隊の責任!! みなさんご存知、第9地区のニールブロムカンプ。 彼が筆頭で12人の精鋭部隊を作って1年間限定で短編映画の制作に励むそうです。 確かに面白そうやけど。。。こうまでごっそり抜けられると・・・。もーちょい忠誠心を見せて欲しいですね。 って実は僕も行こうかと本気で考えましたが(笑)。 生きていて大切なのは、自分から変えてチャンスを穫りに行く瞬間と、周りが変わった時に出るチャンスを掴む瞬間を把握して、その瞬間ごとにどちらが今の自分に合っているのかを考えて行動することです。結果の成功不成功じゃなくて、なんでその選択肢を選んだのかを自分で説明できる事が一番大切! まあでも僕の気持ちはイチローがヒットを打ったか打たなかったかで変わるので現在は不安定です! yuta

SIGGRAPH2015

Posted by on Aug 15, 2015 in Journal | No Comments

シーグラフへ行ってました。 今まで色んなところでプレゼンして来たけどシーグラフでは始めてだったのでさすがにテンション上がりました!! 開始10分くらいまでは人の入りが悪くて「おい!」と思ったけど、まあ最後には結構いっぱいになっていたのでとりあえず善し。 しかしシーグラフってなんか年々しょぼくなってきているような。。。 そもそも僕のような人間がプレゼンに呼ばれる時点でショボい(笑)。昔はこう世界の最高峰の人間が事例を紹介するっていう感覚でしたが。。 ILMのプレゼンも準備されてる紙を全て棒読み。プロも糞もない出来映え。 それでもまあ何となく上手く聞こえさせるのはさすが西洋人。 しかもそのILMのプレゼンで僕達がやったショットをあたかも自分達のもののように見せやがった! 全く使ってないモーションキャプチャーも新しく開発した技術的なノリで発表するからビックリ!! まあシーグラフはアカデミックな雰囲気があるから何か新しい事をしたと言わんとアカンってプレッシャーもあるのかな。 そんなこんなで毎日が二日酔いで飛行機も二日酔いで乗ってきて、もうええは!と思う今日この頃です。 現地でお会いした皆さんは楽しい時間にして頂いてありがとうございました! yuta 左からマティアス(ルックデブリード)、アール(アニメーションリード)、ジェリー(旧友)、僕、クリス(VFXスープ)、デイビット(天才)