VES2016ノミネート

Posted by on Feb 13, 2016 in Journal | No Comments

うわーー、5ヶ月も更新してない。。。
更新していない間に1歳年をとった自分です。

いやしかしこの5ヶ月色々な事が有り過ぎて何を書いて良いのかわかりません。
ので、一番最近の事から!

今年はCGをやってきて初めて何かにノミネートされました。
最初、友達から「お!VESノミネートおめでとう!」とメールをもらって、そこで「なにそれ?」と気がついて、
その数時間後に会社から「2月2日はVESの為にLAへ行く必要があるから空けておけと」。。
このクソ忙しいのになんやと思い調べてみると、このVESって意外に大きな団体らしく、
その後もドシドシと業界関係者から「おめでとう」の言葉が届きました。

まあさすがにこうされて浮かれない訳にもいかないので、早速何十年振りにスーツを購入。
そして当日会場へ!結構見た感じもオスカーみたいでテンションが上がったのですが、
始まってみるとがっかり。しょぼい!!

何がしょぼいって、もうプレゼンターのやる気がゼロ!!(メインの司会は結構面白かったですが)
見るからになんで俺がこんなCGオタクの中で話さなアカンねん!という雰囲気。。
さすがに、有名な映画監督とかその他数名名前を聞いた事がある人はいましたが、
でもなんか改めてVFXの知名度の低さと、一般市民は誰も気にしないという事を認識しました。

僕達は賞を取る事は出来なかったのですが、賞を取った人達もなんかこう別にどうでも良い感が漂っていました。

ただこのセレモニーで思ったのは、こうやってチームでどこかへ行って一夜を過ごす事なんて無いって事です。
何年も一緒に仕事をしてきてる奴もいましたが、改めて家族無しで飲み明かせるっていうのは新鮮でした。
こーいう時にしか話せない事やただ笑い飛ばせる事なんかがあったのは大変感謝です!
(ただこいつら、次の日は二日酔いで空港でも吐いてましたが。。)

日本で仕事をすると(想像ですが)、一緒に飲みに行ったり、そーいう機会が多いような気がするのですが、
こっちは家族重視の社会なので、家族を持っている人間が6時以降会社に残るとか飲みに行くという感覚は薄いです。
そーいった反面、もちろんチームメイトとしては仲が良くても、中々ただ話すという時間は皆忙しいので数分が最高で、
こうやって長い時間を一緒に過ごすというのは今後の為になる物になったと思います!

オトンが昔よく、会社の慰安旅行へ行ってましたが、子供の頃はそーいうのってウザいやろうなぁと想像していましたが、
会社にとっては良い事なのかもしれませんね。って昔の人間みたいな発言ですが。。

まあそんなこんなで次はノミネートされてもVESは行く必要は無いかと思いました(笑)。

おわり

Leave a Reply